トップページ > 医師会のご案内

医師会のご案内 医師会とは&会長挨拶

横浜市都筑区医師会長 ごあいさつ

都筑区医師会会長 水野恭一

都筑区医師会会長 水野恭一

平成19年4月から都筑区医師会長に就任した水野恭一です。
都筑区医師会員は区民の健康を守るため自院での診療に従事するほか、学校医・幼稚園医・保育園医・産業医等の業務をこなし、また保健福祉センターで各種予防接種・検診事業に協力し区民の保健衛生の向上に努力しています。
日曜祝祭日には休日急患診療所に出動し、区民の救急医療を守り、在宅事業として訪問看護ステーション・ヘルパーステーション・居宅介護支援事業・介護福祉用具貸与事業を運営し、区民の安心・安全に寄与しています。
さらに私達は区民の健康増進を図るため、公開講座の開催・区民祭りでの健康相談・各地域での講演依頼への医師の派遣等行っています。
これらはすべて私達医師会員が地域に根ざし地域とともに暮らすという意思から行われていることです。
私達は信頼関係を一番重視します。
医療・保健・福祉に関しては診療科を問わずかかりつけ医を持ち、何でもご相談ください。

医師会とは?

医師会の組織と事業

日本医師会は、会員約16万4千人を有する民間の学術専門団体で、1916年に北里柴三郎博士らによって設立され、1947年に現在の社団法人として認められました。
本会の行なう事業は、医道の高揚、医学教育の向上、医学と関連科学との総合進歩、生涯教育などを含む幅広いものです。
本会は47の都道府県医師会の会員から構成されていますが、それぞれの医師会は独立した法人組織です。
会員の構成は開業医約8万4千5百人、勤務医約7万9千5百人(平成18年12月1日現在)です。
都筑区医師会は、平成6年に横浜市北部地域の旧緑区・港北区の再編成によりあらたに都筑区が創設されたことにあわせて誕生しました。
人口増加に伴い、急増する健康に関する多くの業務を関連する諸施設と連携して行っています。
会長
中野雄二 平成 7年4月〜平成15年3月
斉木和夫 平成15年4月〜平成19年3月
水野恭一 平成19年4月〜

このページのトップへ

病気や健康法に関する質問などに電子メールやお電話でお答えする事は出来ません。