トップページ > 医師会のご案内 > 予防接種と検診

横浜市健康診査

概要

心臓病、脳卒中などの循環器疾患を中心とした生活習慣病予防対策のひとつとして、75歳以上の方等に、年度に1度、健康診査を実施します。

対象者

横浜市に住所を有する後期高齢者医療制度被保険者の方 ※1
横浜市に住所を有する生活保護受給者のうち40歳以上の方
横浜市に住所を有する中国残留邦人支援給付制度適用の40歳以上の方 ※2
詳細はこちらをご覧ください

横浜市特定健康診査

概要

横浜市国民健康保険では、内臓脂肪の蓄積に起因する高血圧症、脂質異常症、糖尿病等の生活習慣病をみつけ、生活習慣改善、病気の予防を目的とする「特定健康診査」を実施しています。

対象者

対象者

以前から引き続き横浜市国民健康保険に加入している特定健診の対象となる方については、特定健診の受診に必要な「受診券」 を個別に郵送されます。
つぎの(1)、(2)いずれかに該当する方が対象となります。
(1) 以前から引き続き横浜市国民健康保険に加入している方で、 平成25年3月31日までに40歳〜75歳の誕生日を迎える方(国の基準による対象者)
(2) 4月2日以降に横浜市国民健康保険に加入した方で、 平成25年3月31日までに40歳〜75歳の誕生日を迎える方(横浜市独自の対象者)
なお、上記条件を満たす人であっても、以下の(1)〜(9)に該当する人は、特定健康診査の対象とはなりませんのでご注意ください。
【特定健康診査の対象とならない人】
(1) 4月1日において、妊娠中の人、又は出産後1か月未満の産婦の人
(2) 4月1日において、刑事施設、労役場、その他これらに準ずる施設に拘禁されている人
(3) 4月1日において、病院又は診療所に既に6か月以上継続して入院している人
又は、年度内において病院や診療所に6か月以上継続して入院している人
(4) 障害者支援施設に入所している人
(5) 独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園の設置する施設に入所している人
(6) 特別養護老人ホームに入所している人
(7) 養護老人ホームに入所している人
(8) 有料老人ホーム・軽費老人ホームに入居している人
(9) 介護老人保健施設に入所している人
詳細はこちらをご覧ください

横浜市がん検診

横浜市がん検診実施医療機関で、胃がん、子宮がん(頸がん・体がん)、乳がん、大腸がん、前立腺がんの検診が受けられます。
希望される医療機関にあらかじめ実施日等をお問い合わせください。
横浜市がん検診についてはこちら

乳幼児健康診査

乳幼児健康診査

会員医療機関で健診と育児相談が無料で受けられます。
母子手帳別冊に添付されている「医療機関乳幼児健康診査受診票」をご利用ください。
(1)生後0〜3か月
(2)生後5〜8か月
(3)生後9か月〜12か月 の3回受診できます。
希望される医療機関にあらかじめ実施日等をお問い合わせください。
乳幼児健康診査についてはこちら

妊婦健康診査

横浜市では、母子健康手帳をお渡しする時に、妊婦健康診査費用を補助するため、14枚の補助券(4,700円×12枚、12,000円×2枚)が発行されます。
妊婦健康診査についてはこちら

予防接種

日本の定期/任意予防接種スケジュール(20歳未満)。
平成24年4月1日以降はこのようになっています

横浜市の予防接種

詳細はこちら

こどもの予防接種

個別接種:ヒブ、小児用肺炎球菌、BCG、三種混合、二種混合、麻しん風しん混合(または単独)、日本脳炎

都筑区内の実施医療機関は下記リンクから(実施日等は直接お問い合わせください)
詳細はこちら

ポリオの予防接種

不活化ワクチン導入により平成24年9月1日から協力医療機関で実施しています。
詳細はこちらをご覧ください

高齢者インフルエンザ予防接種

高齢者インフルエンザ予防接種事業は毎年10月1日より12月31日まで実施します。
詳細はこちらに掲載される予定です。

その他予防接種

海外に旅行する前のワクチン接種

大きく分けて、入国時に必要とされるもの、日本にはない感染症から自分を守るためのものと2つの側面があります。
厚生労働省検疫所のホームページをご覧になって対応して下さい。

このページのトップへ

病気や健康法に関する質問などに電子メールやお電話でお答えする事は出来ません。