トップページ > 在宅事業部門 > 事業所紹介 > 居宅支援センター

都筑区医師会 居宅支援センター

ご挨拶

管理者 主任介護支援専門員 看護師 上原裕子

管理者 主任介護支援専門員 看護師 上原裕子

多くの方が、『住み慣れた家で有意義に生活したい』という思いを持って介護保険を利用される時、その中核になるのが私達のお仕事です。
昨今、ご家族の仕事で日中はお独りになる方、ご高齢者どうしの<老老介護>、重い病気をお持ちの方、ご家族だけでは介護しきれない方など、ご家庭の事情は、さまざまです。
私達は、どの様な状況の方でもじっくりお話を伺って介護、医療の両面からのプランをご提案し、安心して在宅生活を送って頂けるような支援を目指しています。
それには、当事業所の看護や介護とのチームケアを迅速に組める状況が、大きな利点になっていますし、また、特定事業所として24時間の連絡体制をとっていることも安心をお約束できるでしょう。
H12年に介護保険が始まって以来、紆余曲折の改正が続きますが、制度を遵守し、これからもご利用者様と共に歩める事業所でありたいと思います。

居宅介護支援事業所とは

介護保険で在宅サービスを利用する為には居宅サービス計画書が必要となります。
都筑区医師会の居宅介護支援事業所では介護保険被保険者やご家族のご要望に応じたケアプランをケアマネジャーが作成いたします。

利用できる方は

平成12年4月から、介護保険制度がスタートしました。
介護保険制度では、居宅サービス事業者や介護保険施設からサービス計画に基づいた各種サービスが受けられます。
但し、すべての方が対象ではありません。
介護保険についてはこちら

営業時間及びサービス提供エリア

2010/10/01現在
営業時間 月曜日〜土 午前9時00分〜午後5時00分
※ 但し、日曜日、国民の祝日及び12月29日〜1月3日を除きます
サービス提供エリア 横浜市都筑区・青葉区の一部・港北区の一部・川崎市宮前区の一部

お問い合わせ先

お気軽にご相談下さい
都筑区医師会居宅支援センター TEL 045-910-6327

居宅介護支援事業所の業務

1:ご利用者の状況の把握とアセスメント(解決していくべき課題をみつける)
2:居宅介護サービス計画の作成
3:介護保険サービス提供事業所との連絡調整
4:サービス計画に基づいたサービス実施状況の把握と評価
5:要介護認定申請の代行
6:介護認定調査の実施
7:介護保険費の給付管理
8:介護保険等に関する質問や苦情の受付

ケアプラン作成の手順

介護サービスを受けるには市町村の要介護認定を受け、居宅介護支援事業者と契約を結ぶ必要があります。
※ ケアプラン作成費用は無料です。また、秘密・プライバシーは厳守します。
認定を受けるまでの流れはこちら

要支援1・要支援2の認定の判定を受けた方については、地域包括支援センター(ケアプラザ)と契約を結びます。
当事業所でお引き受けすることが出来ません。

※ お近くのケアプラザにご相談下さい。
・横浜市葛が谷地域ケアプラザ 都筑区葛が谷16-3 TEL 045-943-5951
・東山田地域ケアプラザ 都筑区東山田町270 TEL 045-592-5975
・横浜市加賀原地域ケアプラザ 都筑区加賀原1-22-32 TEL 045-944-4640
・横浜市新栄地域ケアプラザ 都筑区新栄町19-19 TEL 045-592-5255
・横浜市中川地域ケアプラザ 都筑区中川1-1-1 TEL 045-500-9321

事業所の特色

介護支援専門員について

所属する介護支援専門員は専任6名(主任ケアマネジャー・看護師・介護福祉士)で、兼務で「都筑区医師会訪問看護ステーション」所属の看護師が3名・「都筑区医師会ヘルパーステーション」所属の介護福祉士2名が従事しています。
月平均200名前後のケアプランを作成しております。 看護職・介護職のそれぞれ専門の視点で最適なケアプランを作成いたします。

主治医との連携について

設立が都筑区医師会のため、主治医との緊密な連携がスムーズに行なわれ、安心した在宅療養を継続させます。

各事業所間の連携について

サービス提供事業者と定期的に担当者会議等を開催し相互の連携を取りながら、問題点等の改善を行います。

今までの実績から

当法人の訪問看護ステーション・訪問介護・福祉用具と密に連携し、医療依存度の高い方のケアプランを多く手がけています。

このページのトップへ

病気や健康法に関する質問などに電子メールやお電話でお答えする事は出来ません。