トップページ > 在宅事業部門 > 特徴・理念

在宅事業部門

特徴

一般社団法人横浜市都筑区医師会 在宅事業部門は、訪問看護ステーション、ヘルパーステーション、居宅介護支援、福祉用具貸与、24時間在宅ケアステーションの5つの事業所を運営しています。
同じフロアで仕事をする看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、介護職、ケアマネジャーそして、医師会の先生方と緊密な連携をとりながら、在宅で療養を続けている方々及び介護するご家族を支えています。

私たちは、チームケアで在宅生活を支えます 理念

運営方針

1.ご利用者・ご家族が、年齢や疾患、障害、医療依存度の程度などに関わらず、安心して在宅で過ごせるよう、質の高いサービスやチームケアの提供を目指します。
2.人と人のつながりを大切にし、地域の医療や福祉の関係機関に信頼され、相互に高め合う事ができる事業所を目指します。
3.全職員が向上心を持ち、仕事を通して自らも成長できる環境作りを目指します。
4.職員の権利や収入が保障され、ライフスタイルに合わせ、安心して勤務が継続できる職場を目指します。
5.地域に開かれた研修や実習を行い、医療・福祉の現場で活躍する人材の育成を目指します。

職員行動方針

1.思いやりと感謝の心で、ご利用者・ご家族の気持に寄り添い、専門職としての責任を持って、惜しみなく支援するよう努めます。
2.専門職としての自覚を持ち、常に知識や技術の習得に努めると共に、人として成長する姿勢を持ち続けます。
3.職員同士助け合い、義務と責任を自覚して、明るく積極的に仕事をするよう努めます。
4.職場内外の他職種の役割を理解・尊重し、ケアチームの一員として協調・連携に努めます。
5 自己のライフワークバランス(生活と仕事の調和)を考え、仕事に対する姿勢を明確にし、業務に支障が無いよう、自己管理に努めます。
6.法人の公共的役割を理解し、社会人として法規範を遵守すると共に、地域社会に貢献できるように努めます。

このページのトップへ

病気や健康法に関する質問などに電子メールやお電話でお答えする事は出来ません。