トップページ > 在宅事業部門 > 担当理事の考え

センターのご案内 事業案内&理事長挨拶

在宅事業部門 担当理事の考え

在宅担当理事 小林 雅子

在宅担当理事 小林 雅子

在宅担当理事 小林 雅子

日頃より一般社団法人横浜市都筑区医師会在宅事業部門をご利用いただき、ありがとうございます。
私が、在宅事業部門に関わらせていただいて十年、その間に在宅診療の地域における体制は目覚ましく発展し、それとともに在宅部門も充実した働きができるようになって参りました。
しかし、開業当初からの、地域の必要としている医療、介護支援を心から行ってゆくという姿勢は変わらない熱いものがあります。
今年在宅事業部門の事業理念を新たにいたしました。
介護、看護の専門職として、どうサービスを提供するかを真剣に検討し、完成しました。
どうかじっくりとお読みいただき、彼らの信念をご理解いただければと存じます。
また、ご利用いただきました際には、ご遠慮なくご批判もいただき、よりよい在宅事業を行ってゆけるようご支援を賜りますようお願い申し上げます。

在宅担当理事 深澤 立

在宅担当理事 深澤先生

在宅担当理事 深澤先生

一般社団法人横浜市都筑区医師会では、医師会立の在宅事業部門と共同して在宅医療を積極的に行っております。
在宅医療は皆さんの自宅へ医師が伺って行う医療です。通院が困難となった方が対象で、特に病気の種類は問いません。
慢性疾患で通院が困難となった方のみでなく、末期がんの方も対象となっています。
どのような状態、状況の方でも、より安心し、より安楽に、より安定して 少しでも長くご自宅で過ごせるように支援してい くことを目指しております。
通常は、定期的に、医師による訪問診療と訪問看護ステーションによる訪問看護ステーションを受けていただきます。
これらは医療保険や介護保険の対象となっており、介護支援専門員(ケアマネジャー)が全体を取りまとめるとスムースに進みますので、年齢が対象であれば介護認定を受けるとよいでしょう。

在宅事業部門では、様々な部門のスペシャリストが待機しており、幅広い診療と高い専門性をもった医師会員と協力して在宅でのよりよい療養を手助けしたいと日々努力をしております。
理学療法士による訪問リハビリテーションやヘルパーによる介護、必要な機材や物品があれば福祉用具の担当が対応し、皆様の療養生活を支援していきます。
また、薬局の薬剤師による訪問での服薬管理や施設を利用した通所のデイービス・デイケアとも連携し、より質の高い在宅医療、在宅ケアをおこなっております。

都筑区に在住する方が、ここに住んでいてよかった、と思えるようなそんな地域となるべく、職員一同日々精進しております。
お気軽にご相談をいただければ幸いです。

このページのトップへ

病気や健康法に関する質問などに電子メールやお電話でお答えする事は出来ません。